COSMO BALLOON

ふくらむステキデイズ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

マニュアル(説明書)サイト

マニュアルをHTML形式・XML形式で提供しているものが多いので、ちょっとやってみたいこと。
「マニュアル(説明書)サイト」
・項目別にわかりやすく表示されていること。
・わかりやすい検索機能がついていること。
・あるマニュアルの該当項目に対して、コメントが書き込めること。
・あるマニュアルの該当項目に対して、トラックバックができること。
・HTML・XMLを項目だてて、DBに取りこめる機能(できればタギングしてぇ。文章中にでてくる単語の割合で自動化が可能か?!)
・できることならば、DBに突っ込むスクリプトはPDFにも対応。
・関連機能へのリンク機能があること。
・該当機能を表す単語のグーグルの検索上位10件くらいがでてるとよいな。
・スパイダー機能(該当ファンクション名やらにマッチするページを取得してリンク表示する)

Go!Go!マニュアルアグリゲーター

幸いマニュアルはHTMLであっても、だいたい一定の規則をもって書かれていることがおおいので、nucleusにフンガーフンガーと突っ込むスクリプトを作ってあげたらいけそうな気もする。むむむむ。関連機能へのリンクがむずいな。ちゅうか、マニュアル生成するDBあるだろうから、それもらえたらすぐだ。シピピピピピピピ

お前の秘書サービス

3,4年程前に、BIGLOBEやらjapan.internet.comやらで、WWWスケジュール帳と連動したメール連絡システムみたいのが、いろいろと出てきて、その時それが非常に新鮮だったことを覚えている。
特にビックローブ(だったと思う)は、「秘書メール」なんて言って打ち出していて、その時の僕には激しく新鮮で、ちょいと使ってみた記憶がある。
しかしながら、その頃は学生、タイムマネージメントへのプライオリティは低め。言ってしまえば、特に必要ではなかったため3日でいらなくなった。
 8:00 起床(目覚ましメール)  9:00 バイト
 12:30 学食          13:00 学校
 16:30 バイト         20:00 テレビ
 目覚まし替わりにしか使えません。

それから、何年かたって、タイムマネージメントを余儀なくされているのが現状である。ともなって、一週間、当日ベースのタイムスケジュールをつけるようにしているわけだが、ここで問題となってくるのは、1ヶ月後、2ヶ月後などなど先のスケジュール・やることざっくりであったり、常時ケアしていないといけないものを、スコンと忘れてしまうことがあることなのである。つまりは、ベストなタイミングでアラートを出してくれるものが欲しいのである。
解決する手段として、
1.秘書を雇う
2.電話秘書サービスを利用する
3.メール秘書サービスを利用する
4.グループウェアを利用する
がさっくりあげられるわけなんだけれども、
1.これについては、今現状無理がある。そんなコストは開発部隊にあげたい。
2.これも目的を達成できそうにない。もしかしたら、ちょうどいいのがあるのかもしれないので、調べてみる必要がある。
3.と4.これが一番現実的なのであるが、最強にめんどくさがり屋さんな僕は、いちいち登録することが面倒くさいのである。登録してはいるけど・・・登録したタスクのすべてがメールで飛んでくるのは非常にウザイ。必要なところだけが欲しい。週次・月次で考えなくてはいけないクリティカルな部分だけをアラートしてほしい。

と考えてくと、
・スケジュールとあまり連動しない別サービスとして欲しい。
・登録が面倒にならない簡単さ、およびギミックが必要である。
・メール内容はもらってうれしいものである必要がある。

『お前の秘書サービス』
・メールケア方法の選択(3日前に一回、1日前に一回等等)
・毎日・毎週・毎月・隔週等々選べること。
 などなど、メールアラートサービスとしての機能。
 +アルファ
・いろいろな秘書タイプテンプレート(まじめ君。オネーサマ系。アダルティ。怖い男秘書などなど)
 ※このテンプレートタイプによって、メールの文言が変わってくる。
・秘書イメージ写真アップ機能(今なら、チョン・ジヒョンをアップしておくでしょう)

使える機能を、使ってもらえるエンターテイメントで包みコムベシ!
この辺、今一番うまいと思うのはパチンコ業界。そして、ときメモ。

モバイル決済

現状のモバイル業界は、広告収入が主となっている。
1999年くらいのPC業界。去年がPCのEコマース元年らしい。
Eコマースは、クレジット決済のインフラが整ったことによって爆発的に増加した。
問題は、モバイルにはE-コマースのようなものがないので、最終的にお金に変える手段が非常に薄い。つまりは、次なる革命の時期に来ている。

モバイルも決済方法はクレジットでいいのか。
モバイルウォレットが欲しい。携帯世界のクレジットカードのような物。携帯には独自のIDが振られていて、公式サイトみたいなものになることによって、それを取得できるので、それを認証キーとして、クレジットカードのように提携店でお買い物ができるサービス。もちろんすべてのキャリアに対応しなくてはなるまい。

さぁ。ドコモいけるか!?他のキャリアは?
それとも、Yahoo!、GMO・ライブドアあたりがここにしかけてくるか・・・楽天はE-コマースに対して独自だからこういう方向性はない。

うなぎ

"うなぎ" はもっと商売になる気がしてきた。

"うなぎ"という材料とインターネットとの親和性・インターネットへの侵食度合いを考えるとそのマーケットはかなり開きやすいものに感じる。

・夏しか売れない鰻
・レシピが充実していない鰻
・嗜好がはっきりわかれる鰻
・それ自体が商品として成り立っている鰻

考えどころはたくさんありそうだ。
続きを読む >>

募金

募金というものが好きではない。
コンビニのレジの隣に募金箱が置いてあっても無視。チャリティー系のものは買わない。ある意味ポリシーといえばポリシーでもある。

そのお金がどういうようにつかわれて、だれがそのお金で幸せになれるのかがわからないものは好きではないのだ。他の人が募金をしようがしまがいがぜんぜん気にならないが、自分は、お金だけを払って「はいイイ気持ち」になっているような気がして、どうしてもそうするきにならない。

それらに求めるもの。
具体的な企画の提示と、お金の流れの明確化である。お金・資材がどういう流れで誰をどのように幸せにするつもりなのか。「アナタの募金が飢餓に苦しむアフリカの子供を救います」というような抽象的なものではない。総募金額の40%を使い中国から食材を輸入します。20%を使い日本の医療品を輸出します。30%を使い現地に畑をつくるための人材を投入します。10%は事務局の運営資金となります。的なもっともっともっと具体的な企画をもって募金を集めてほしいのである。


もうすこし発展させよう。
援助モデルも公募する。企業からの援助を常に募集する。援助してくれる企業にはイメージアップの手助けをする。援助モデルを審査し、実行に移せるまでの機関をつくる。その機関はあらゆる災害にたいして迅速に、臨機応変にプランを実行に移せなくてはならない。

すべては、スピードとタイミングとパワーだ。

人口無能botを利用したサポートシステム

検索は便利。
情報取得までにかかる時間が大幅に短縮された。
検索サイト・エンジン・アプリをどう使って、いち早く目的の情報にたどり着くか。
それはもうスキルと言ってもいいだろう。
ある意味「戦い」
検索には気合いとパワーが必要だ。

なぜ?
テンポがないから。

論文は面白く読めるか。いや、フラッと読むものが論文であるか? no way.
でも、論文と同じ内容を人から話を聞くと面白かったりする。フラッと聞いてみたくなったりしちゃう。

なにかしらの反応がかえってくるっていうことは、そこにテンポが生まれるってこと。
たぶん、必至になって文章から情報を得ようとしているときと、会話のなかで情報を得ていくことと頭の回転量はそんなにかわらないんじゃないか。
今日、ZICOさんから、「三角関数の計算をしているときと、単純なたし算をしているときは、実は脳の回転量はたいして変わりがない」ということを聞いた。そういえば、そんなことをどこかで聞いたことあるなぁなんて思ったわけだが、ちょっとおもしろい。

前置き長い。

なにかを探す時、そこにテンポを付加してあげたらちょっと気持ち良くなるかななんて思う。
たとえば、なにかのサポートにbot導入してみる。

「メールが使えないんだけど?」
『使ってるメールソフトってOutlook Expressって書いてある?』
「どこみたらいいの?」
『画面の上のほう。』
「ああ。それOutlook Expressって書いてある」
『OK。メールアドレスの設定はした?』
「なにそれ?」
『メールつかうには最初に設定っていうのしなくちゃいけないの。
 ここ見てみて。http://********************/*************/*******』
『わかんなくなったらまた来てね』

すげー楽w
つくるのは大変そうだけど……

とりあえずキーワードを拾って、やったらしゃべるbotからスタートだな。

嗚呼。何回か人間同士が会話してくとキーワードひろいながら自動で的確な答えを登録できるアルゴリズムプリーズ。

PROFILE THE ONE ON THE DESKTOP

受信箱を分析し、メールの重要度を自動解析、重要だと思われる順でメールを並び替えるOutlook用のプラグインが「百式」で紹介されていた。

使ってみたくなる。
目安としての重要度、優先度を自動算出する。うまく機能すればすばらしい。

本日、戦友のSKCがサーチエンジン業界について考察していたが、その時にこの百式さんのエントリーを思い出した。ライブドアの堀江社長も本かなんかでそんなこといってたなぁ。というのもいっしょに。

パソコンは情報保管庫。
情報はマイニングしていくことで価値がでる。
マイニングにパーソナリティプロファイリングのノウハウを利用してみる。
いくつかにセグメンテートしていくことで、そのパーソナリティ・パソコンの使われ方にあったファイル整理パターンが決定される、さらにソフトの利用頻度や、ファイルの利用頻度に応じてファイルが整理されてくれたら最高。
半年もたてばいつのまにかオンリーワンなパソコンになってるでしょう。
そうなれば、フォルダ整理の必要なくなるから楽ね。情報処理はヘタクソになりそうだけれども。

送信予約機能

送信予約機能がついたメーラーもしくは、中継BOXみたいなのが非常にほしい。

作業は夜終わらせておいて送信予約、朝一でメールがお客さんのところに届くってようなことができるようにしたい。

作業が終わったらメールしたらいいじゃん?というのもあるが、終わったのが午前3時とかだったりすると、なんかこんな「時間まで仕事してますっ!俺!」みたいですごくイヤだ。
まぁ、他にも含む理由はモリモリ。

考えていたら、結構簡単に中継サーバできそうだ。
メールはPOPに入ったときの時間を記録するはずだから、適当なアドレスつくって、
受信 → 記録 → 時間が来たら送信
するようにしたらいいのね。本文の最初に送信先やら送信時間やらは書いてあげればよい。
---------------------------------
To:service@hogehoge.com
From:myadd@myadd.com
Subject: タイトル
Body:

内容内容内容
---------------------------------
みたいな。あとは、中継サーバがフォワードして、記録。時間がきたら送信。

ぬぬぬ。

記念日登録サイト

記念日ってステキ。
おセンチメンタルは苦手なので、単に高ぶりたいだけだったりするのがその心なんだけれども。

この前(2004/9/18)、親友の結婚披露宴・2次会に出席した。
すばらしい会だった。感動して、ちょっとウルウルした。なぜ?俺?が感動しているのかは謎だがまあいいことにしておこう。(市原君&みぽどんおめでとう)

これは素晴らしい記念日。
でも、人って自分がつまんねーと思う記念日を驚くほどもってるだろ?と思うわけ。
それらを一言添えてひたすらに登録する。知らない人の記念日も大々的に募集。
こんなのできたらイイ。「記念日検索アガスティア」だ。
街角では、
「今日、ひとみちゃんにフラレた記念日で、○○でパーティーだって」
「え?だれがフラレタの?」
「ゼンゼン知らない人。でも、人集まってるみたいよ。」
「へー。まぁいいや、面白そうだから行く?」
という会話がチラホラ。

人生はカオスである。
続きを読む >>

インターネットラジオアンテナ

インターネットラジオの何がイイって、どこの国の放送でも聞けること。聞いてる音楽にまつわる情報が得られること。気になったときにすぐに情報が得られるってことは、すごく嬉しい。そしてなによりも、果てしなきポリシーを感じられるラジオ局さんが多いこと。放送者さんの気持ちがダイレクトに伝わってくるっていうのは、本当に素晴らしい。

インターネットラジオの何がイヤって、めんどくさいこと。
ラジオ聞くために、パソコンたちあげてっていうのが、すごくイヤ。仕事パソ使うのはリソースのむだ遣い。インターネットラジオ専用のプレーヤーがあるみたいだけれど、それなら、普通のラジオでもいいような気がしないでもない。
そしてなによりも、情報を得るのに時間がかかるってこと。
タダ単に音楽を聞きたいだけなのに、検索して、奥深くまで探していくのは非常に骨が折れるのである。そして、イイ番組を放送しているにもかかわらず、デザイン的に刺激されず取りこぼすことも多々あるから困る。

と、いうわけで「インターネットラジオアンテナ」ほしい。RSSで番組表、アピール等を配信させるシステムをラジオ局へ提供。自分は好きなRSSリーダーでそいつらを見ながら、気分に合わせてラジオ局を巡る。
一覧性と検索性を兼ね備えたアンテナサイトである。

ほしい。ほっすぃ。
続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE