COSMO BALLOON

ふくらむステキデイズ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ひさしぶりに。

死んだw

RPMキライ。

google reader がぁぁ。

ちょっと見ない間に、google readerが様変わりしていた。
ショーーック。

びゃーっとザッピングするときは、bloglinesを使って、多少なりともゆっくり見るときは、google reader を使ってと目的で使い分けてたんだけれども、blog linesに非常に近いものになってしまった。。。。。

グーグルリーダーのショートカットつかいやすくてよかったんだけどな。。。

ん〜〜。もうちょっと使ってみようとは思うけれども、はぁぁぁぁあ。

着信あったフリしてババンバン

着信あったふりができる FOMA「D702iF」9月9日全国一斉発売
http://japan.internet.com/allnet/20060905/1.html
サイドキーを押すとあらかじめ設定したメロディが鳴り、まるで着信したかのようなカモフラージュができる「ほっとメロディ」の機能を備える。

という記事を発見。

夜道とか、怖いから!って電話をしたりしている人がいたりするけれども、そんな女性のための機種かな。

と思いつつも、天邪鬼発生。
「電話してれば防犯になるんだろうか?」
もしくは、
「電話はどれほどの防犯になるだろうか?」

考えてみる。その1:痴漢対策
深夜1時、お酒を飲んでイイ気分。駅から家までは、だいたい徒歩10分。でも、この間も、変質者がでたっていうし・・・・・・こわいんだよね。ちょっと。電話してれば、痴漢も「助け呼ばれたりしたら・・・」と思って、近寄ってこないかな?ということで、電話をしながら帰ろう。
といったとき。

問題は、痴漢が電話しているのを気にするかどうかだ。

・電話をしていれば、少なくても片手はふさがっている。
・電話に集中していれば、近づいても気づかないかもしれない。
・電話口で相手になんか言ってもすぐに駆けつけられるわけではない。

ということは、あんまり痴漢対策にはなりそうにない。フリ携帯だから、普通の携帯よりは、他に注意できるからいいかな。とも思うけれども、一番イイ使い方は、1分おきくらいで、エセ着信しまくって、激しい女だと、引かせることだろう。

考えてみる。その2:ストーカー対策
深夜1時、お酒を飲んでイイ気分。駅から家までは、だいたい徒歩10分。でも、最近誰かにつけられてるような気がするし・・・・・こわいんだよね。ちょっと。電話してれば、もしなんかあっても助け呼べるかな?ということで、電話をしながら帰ろう。
といったとき。

・電話してるから、つけやすい。自宅までついていってしまえw
・電話の話で、明日の予定がわかっちゃった!!ムフフ
・ナッヌーーゥ!!オトコいるのか!(勝手に怒る)

というようになりかねない。と、いうことは、ストーカーにも夜道の携帯電話はあまり効果がないようにも思える。
しかしながら、今回の携帯電話は、チョットちがう。
フリなのだ。フリフリオーなのだ。
つまりは、演技できるってことだ。このストーカーの考えを逆手にとって、

・電話をかけてるフリをして、グルグルその辺をまわって、ストーカーを力尽きさせる。(体力勝負だ)
・友達と電話をしてるフリをして、おもいっきり間違った予定を大声で話すフリをしてみる。(かく乱作戦である)
・オトーサンと話している方向性で。(地震、雷、火事、オヤジっていうし)

ということが可能である。
ん〜〜。ちょっと使えるかもしれない。そして、演技力もついちゃうかもしれない。

考えてみる。その3:ひったくり対策
深夜1時、お酒を飲んでイイ気分。駅から家までは、だいたい徒歩10分。よっぱらってるし、明日遊ぶお金ももってるし・・・・・こわいんだよね。ちょっと。電話してれば、もしなんかあっても助け呼べるかな?ということで、電話をしながら帰ろう。
といったとき。

・電話をしていれば、少なくても片手はふさがっている。ッチャーンス!
・電話に集中してるな。一気にバッグひったくってスタコラサッサよん。

ノーン!!

これは・・・こればっかりは、着信フリフリオーな携帯でも対策にならないかも。
いやいやいやいや、あきらめちゃいけない。

・ハンズフリーモードっぽく電話してるフリをして、両手を使える状態にする。
・獲物を狩る時のような目で、周囲を常に威嚇してみる。シピピピピ

・・・・・・かなり、イタイ子になれます。


やっぱり、防犯=狙われないようにするという意味では、多少は助けになるものの、かなりの演技力が必要になるってことだな。

あとは、着信音を

「この人!痴漢です!」 とか
「この人!ストーカーです!」 とか
「ひったくりに遭いそうな気がします!」 とか

そんなのを常用するのが一番よろしいかと思われる。
日ごろの準備は大切なのだ。
続きを読む >>

通販業界のソーシャルへの取り組み

ムトウ、20代女性向けSNS「happy QUEST」を発表
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/08/31/13153.html

happy QUEST
http://www.happyquest.tv/

ECMixやらいろいろあったが、カタログ通販大手のムトウが腰をあげる。
ニッセンとかは、ほかのSNSとの提携をすすめたりしていたけれども、どう動いていくかな。

切符

交通違反キップかれこれずっとブログ更新をしていなかった。

少し前に、交通違反で切符をきられた。

谷川俊太郎に憧れて日記なんて書き始めたとしても、なかなかうまくはいかない。そういえば、1997年頃の僕も中学のときに買ってもらったLCで日記をつけていた。そういえば、1999年頃の僕も新しく買ったPCで日記を書いていたっけ。
いずれも、続いたのは半年だった記憶。

まぁ。実際のところそんなもんかもしれないけれども、また貯めはじめよう。

2006

2005年。ビックリするくらいいい年だった。
なによりも、すばらしい仲間とやっていけること、すばらしいパートナーに出会えたことに感謝。
本当に自分をとりまく人達には感謝ばかり。

驚くほどすばらしいパートナーと出会う。
ライバルが明確な意思をもって企業する。
尊敬する上司と仕事ができる。
日経に自分たちの仕事が載る。
尊敬する人が自分たちの考えているプランをより具体的な形で講演する。

満足とはまた少し違うけれども、心に残る一年。すこーしずつだけれれども強くなれた気がする。

今年は。今年はもっとビリビリしていきたい。
強く強く自分たちの表現を出して、それを認められるまでに昇華させる。
More Emotion! More Expression! with indivisual creativety


やっぱり、年の初めはもう一度初心。


常にここは僕の僕へのスーヴェニアだ。


 何でもいい、これからすこしづつ書きためて行ってみよう。
 時間をX軸にとって僕の成長のgraphをつくる、このノートはそのgraphの座標となってくれればいいのである。
 その時々の座標において僕のgraphの接線をひく事をわすれるな。その接線は上向きか下向きか。常に接線が上を向いているように努力しよう。僕のgraphは常に+に増加しなければならい。(あらゆる悪の中での根本悪はTragheitである。この後は怠惰という意味のみならず惰性という意味を有つ。)

モーグーグルアリエネエ

ひどく驚く。

グーグル、米マウンテンビュー市で無線インターネット接続を無料提供へ
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091100,00.htm

「Google ローカル」にレビュー情報など追加??ビジネスセンターからの情報登録も
http://japan.internet.com/busnews/20051117/5.html

あなたのサイトをGoogleはどう見てる?--Googleサイトマップ日本語版が登場
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091123,00.htm

「データの扱いのダイナミズム」これがグーグルのすごさだ。
極めて拡張性の高いシステム構成をもって、大量のデータを安全かつ、冗長性のある形でスタックし、必要とされる、もしくは、求められる状態で出力する。データを基盤とすれば、以外のすべてのアプリケーションは、果てしなくシンプルな形として実装することができる。

データ規模とダイナミズムがそのままグーグルの企業価値になる。
規模を拡大させるためのツールがサービスであり、ダイナミズムを生むのがエンジニア、どちらもが、そのまま企業価値にもなりえる。
半端なく頭のなかをかき回すサクセススパイラルが回り続ける。

もう、感動という言葉しかない。

さて、僕のやるべきことは。
まずは、ルネサンス時代の資料をあさること。

オラオラオラー

今日も頑張るぞ!
フラッシュ、パール、ピーエイチピー、フラッシュ、ピーエイチピー
のリズムGO!

クソッ

クソッ!
今が正念場だ!
素人と玄人の違いは、あきらめるタイミングの違いだけだ。素人は玄人よりも1歩も2歩もあきらめるタイミングが早い。
(雀聖 阿佐田哲也)

麻雀は水を張った洗面器に顔をつけているようなもの。苦しくなって顔をあげれば負ける。
(雀鬼 桜井章一)

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE