COSMO BALLOON

ふくらむステキデイズ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ニュースとブログの検索

2週間ほど前に、ずっと気になっていた人と会う機会があった。(友達の結婚式の2次会の幹事をしていた方で、面白いブログを書いている人だ。)
その時のちょっとした話の中で、去年の夏くらいだったか、Google Newsの日本語版が出たころ合い、日経新聞かなんかがGoogleクロールOKで、ドリコムは駄目駄目ーみたいな記事をみながらせちがらいななんてのほほんと見ていたのを思い出した。
その時は、どちらかというと、リソースに対しての動きが非常に気になった感があったが、みなおしてみると両者のコンセプトの違いが非常に面白く感じた。

次世代検索サービス News&Blog Search

は、「マトリクスクラスタリング」という技術を使って、リコメンデーションエンジン(アマゾンみたいなやつ)を取り入れ、ユーザの行動を主体として記事を表示する機能を持っている。

一方、
Google ニュース 日本語版
は、つい1ヶ月ほど前に、ユーザが自由に興味のあるカテゴリを登録できる機能をつけ、ユーザがパーソナリティを入力することによって、表示する記事を変更できるようになった。(ヤフーはもっと前から、やってたけどね。)

両面からのアプローチが本当は必要なことは確かだと思うのだが、ユビキタス、ユビキタス(もう死後に近いが)叫ばれているなかでは、リテラシーの低い人間が使いやいと思われるドリコムのようなアプローチが必須となってくることは間違いない。

しかしながら、あまりに技術・技術というのは、面白味もへったくれもないので、やっぱり好きなのは、はてなの人力検索なわけだ。
ドリコムプロジェクトX http://www.drecom.co.jp/projectx/project04.html
Cnet-Japan記事 http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20069384,00.htm
http://kusanone.exblog.jp/965844/
http://blog.drecom.jp/naito/archive/188
http://purple.noblog.net/blog/l/10014850.writeback

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://seitoman.jugem.jp/trackback/130
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE