COSMO BALLOON

ふくらむステキデイズ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

「oracleがRedHatのサポート」から見る丸投げプレイ考察

Oracle、Red Hat 製品にも自社製品と同等のサポート提供
http://japan.internet.com/webtech/20061027/12.html
という記事より。
Oracle は RHEL の更新ツール『up2date』を通じて修正コードを提供する。Oracle の Web サイトを通じてインストール可能なバイナリコードとソースコードを無料で提供する『Installable Binaries and Source』のほか、同社は3種類の企業向け有料サポートを用意した。

ユーザにとって考えてみると、今までもOracleのサポートは、RHがやってくれていたので、そんなに問題がないことなのかとおもいきや、この記事。

タブーを打ち破るか、Oracle の挑戦
http://japan.internet.com/webtech/20061031/6.html
現状の Linux のサポートは、前回のコラムでも言及したように、ハードウェアベンダーが肩代わりして行っている。実際はどこがサポートしているのかがあいまいにされたまま、本来なら Red Hat が受け取るべきでないサポート料を、顧客は Red Hat に支払っている。
Red Hat のメニューにはサポートが掲載されているが、実はその機能は持っていない、ということを「Oracle による Red Hat サポート」で Oracle は暴いてしまった。Oracle はハードウェアベンダーでないので、かえって、あいまいな Linux サポート部分に第三者的立場から踏み込むことができた。

こういう裏側については、よく知らなかった。
横流しプレイができているうちに、自分のところに同様の機能をしっかりと備えていくという歩みをわすれてはいかんなぁと実感する。

自分たちの業界で言えば、
・印刷会社がWEBの案件を制作会社に丸投げプレイ
・WEBプロダクションがSEO案件をSEO会社に丸投げプレイ
・WEBプロダクションがシステム案件をシステムベンダーに丸投げプレイ
というのに近い。

 丸投げプレイをする場合は、それによる提供価値が自社のロードマップの外になくてはいけない。ロードマップに隣接するのであれば、その時に苦しい思いをしても協力しながらも対応する・取り込む努力はしていかなくてはいけない。

しっかりと心に刻んでおくべきことがらであることは確かだ。

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
from: skc   2006/11/05 8:20 AM
あー・・・。
Oracle Miracle IBMと、
どれが原因なのかわからなかった時は、
最大限ファンキーでしたよ、これしかし。

しかもoralceしか乗ってないlinux機で
原因不明再起動がポリポリだと

・oracleはOSベンダーの見解がないと動けない
・H/Wベンダーは取り合えず部品取り替えてみる。
・OSベンダーは24/7 で1ノード100マソコース。
 http://www.miraclelinux.com/service/support/linux/enterprise.html
http://www.miraclelinux.com/service/support/linux/24hours.html

どないせーっちゅーねん!という勢いでw

Linuxサポートまともにできる会社があったら、
いいにゃ〜なんて勢いな毎日でした。
from: seitoman   2006/11/05 4:38 PM
高いッ!!!!これかーー!
100万も出して、電力の供給たらずで再起動勃発でした・・・とかいうオチは相当ブルーだしな。。。
MSはどんなもんなんだろう。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://seitoman.jugem.jp/trackback/203
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/16 2:58 AM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE